\ ポイント最大11倍! /詳細を見る

【体験談】腱鞘炎対策で買ったマウスでまた腱鞘炎になってしまった!!

アフィリエイト広告を利用しています
  • URLをコピーしました!

ここ一ヶ月前から、右手の親指の付け根に激痛が走る問題に悩まされていました。

そのため病院を受診し結果として腱鞘炎と診断されました。

実は、3年前にも同じ症状に苦しんだことがありその際にはマウスをトラックボールに変えることで症状が改善し完治しました。

しかし、再び同じ症状が再発してしまい、原因を究明する必要がありました。

今回の再発の原因について調べてみたところ、親指トラックボールの使用が再び腱鞘炎を引き起こした可能性が高いと考えられました。

そこで、今回はなぜ再び腱鞘炎に悩まされることになったのか、その要因について調べてみました。

スポンサーリンク
気になるところをタップしてください

突然腱鞘炎再発した

ある日、突然右の親指の付け根に激しい痛みが走りました。

物を持つ際にも痛みが生じ文字を書くことも苦痛で、もちろんキーボードを打つ際にも親指が痛みました。

そして、ある日、再び右の親指の付け根に激しい痛みが走りました。

キーボードを打つとき、親指の付け根が痛むため、なるべく親指を使わずにキーボードを操作するように心掛けました。

原因は親指トラックボール

親指が痛くなってきた背景には、私が3年前から親指トラックボールを使用していたことが関係しています。

ネット上で「親指トラックボール痛い」と検索すると、かなりの数の検索結果が表示されます。

つまり、親指トラックボールを使用している人々の中には、腱鞘炎の症状が現れる可能性があるということです。

改善策の模索

この腱鞘炎をどう対処すべきか考え、しばらくの間親指トラックボールを使わずにパソコン作業を行おうと思い、さまざまな試みをしました。

普通のマウスに戻す試みました

そこで、最初に思いついたのは普通のマウスに戻して作業をすることでした。

ところが、普通のマウスを使っても、カーソルを移動させるために手首を動かすと親指に痛みが走りました。

コレは、かなり痛いですよ(汗)

考えてみると、最初の腱鞘炎を発症した原因はマウスの過度な使用だったため、普通のマウスに戻すだけでは問題を解決するには至りませんでした。

ノートパソコンをメインで使用することにした経緯

私はデスクトップパソコンとノートパソコンの両方を所有しており、通常はデスクトップパソコンで画像編集やブログ資料の調査などを行っていました。

しかし、最近ではこれらの作業をすべてノートパソコンで行うことに決めました。

以前はデスクトップパソコンでデュアルディスプレイを使用し、複数のディスプレイを活用することに慣れていました。

そのため、ノートパソコンで画像編集などを行うと時間がかかり、ストレスがたまってしまいました。

その結果、1週間後には元の方法に戻すことを決断しました。

ケンジントトラックボールとの運命的な出会い

この親指の痛みに悩まされ、パソコン作業を中断せざるを得ないと感じていたとき、親指を使わずに操作できるトラックボールがあることを思い出しました。

それがケンジントンのトラックボールマウスでした。

ケンジントトラックボールとの運命的な出会い

そこで、私はケンジントンのトラックボールマウスを購入することを決意しました。

しかし、このマウスは1万オーバーという高級な価格帯でした。

そのため、「ハイ!」と軽々しく言えるわけではありませんでした。

残念なことに、私の住む町にはケンジントンのトラックボールマウスを取り扱っている店舗が存在しませんでした。

現物を見ずに高額なマウスを購入する勇気もありませんでした。

「もし1万円以上出して手に合わなかったらどうしよう」と考え新品を諦め、中古のケンジントンのトラックボールマウスを探すことにしました。

探してみると、メルカリで何と!3,000円で売られているものがありました。「これは買いだ!」と思い、早速購入しました。

数日後、待ち望んだケンジントンのトラックボールが届きました。

これが今回購入したケンジントン スリムブレードトラックボール K72327です。

初めて実物を見ましたが、本当に格好良いデザインですね!

使用感

早速、パソコンに接続して動作を確認しました。

以前のマウスの形に慣れていたため、ケンジントンのトラックボールマウスを使うと少し違和感を覚えました。

ただし、トラックボール自体が大きいため、カーソルの移動などは今までの親指トラックボールよりもかなり速いです。

特にデュアルディスプレイ環境との相性が非常に良いですよ!

操作には慣れが必要

一応、親指トラックボールの使い方は大まかに理解していましたが、ポインターを人差し指、中指、薬指などで移動させるのはやはり少し慣れが必要でした。

親指トラックボールは、形状などが普通のマウスに似ており、右クリックや左クリックなどには違和感を覚えることなく使えました。

しかし、ケンジントンのトラックボールマウスでは親指が左クリックし、薬指または小指が右クリックする操作感に慣れるにはやはり時間がかかりました。

マウスボタンのカスタマイズは、ケンジントンのソフトウェアを使用して変更できます。

KensingtonWorks

数日間の使用で痛みが軽減した

ケンジントンのトラックボールマウスを受け取ってから一週間ほど使用してみた結果、親指の付け根の痛みが少し軽減したように感じます。

完全に痛みが消えないため、左手に切り替えました

確かにケンジントンのマウスに切り替えたことで親指の痛みは軽減されましたが、まだ完全に治まったわけではありません。

親指の付け根にはまだ痛みが残っているため次に考えたのは、このケンジントンのトラックボールは左右どちらの手でも使用可能なことです。

そのため、現在は左手で使用しています。

今回のまとめ

3年前に普通のマウスを使って腱鞘炎になり、その後腱鞘炎予防のために普通のマウスから親指トラックボールに切り替えて使っていたのに、まさかの腱鞘炎の再発!

これは予想外の展開でしたね。

腱鞘炎になると、仕事に支障が出るだけでなく、文字を書くのも痛みが走り、本当に厄介な症状です。

正直、今回購入したケンジントン トラックボールが症状を改善するかどうかはわかりませんが、このケンジントン トラックボールに出会えたことは、私にとって嬉しい驚きでした。

親指トラックボールも使いやすくて驚きましたが、このケンジントのトラックボールはそれ以上の使いやすさです。

親指トラックボールの時もそうでしたが、私は良い物を何台も買ってしまう癖があるようで、勢いで親指トラックボールを3台も揃えてしまいましたから。

ケンジントのトラックボールも何台も買い続けることになるかと思うと、ちょっと恐怖ですね。

奥さんの頭にツノが生えてこなければ良いのですが…(汗)

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。ヒロ爺でした!したっけ!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


気になるところをタップしてください