当サイトはSWELLを使用しています詳細はこちらからChiek!

初心者でもSSD取り付けは超簡単に取り付けることができる!!

  • URLをコピーしました!
質問猫

買ってからもう何年もたっているし容量もパンパンでパソコンが激遅くなってしまったから買い換えるか考え中だけど、どうしたら良いかな

とお悩みのあなた、ちょっと待ってください!!

完全に壊れて起動不可能な状態なら買え替えるのもありですが、ただ遅いだけなのならSSDに取り替えるだけで劇遅かったパソコンがサクサク動くようになります。

値段もたった1~2万円です。

どうですか?

ヒロ爺

そこで今回我が家に何年も眠っていた自作低スペックパソコンがサクサク動くようになるSSDの取り付け方を紹介していきます

ここでの説明
  • SSD初心者でも取り付けられる
  • 激遅パソコンを速くしたい
  • パソコンの容量がパンパンになってきた
スポンサーリンク
気になるところをタップしてください

SSDとは

SSDとは、もうご存じだと思うのですがここで簡単におさらいしておきます。

SSD(ソリッドステートドライブ)フラッシュメモリを用いたUSBと同じ記憶装置です。

ザックリ説明すると大容量のUSBメモリ版と覚えてください。

読み込みが速くて、人気がありHDDに取って代わるドライブになりつつある(もはやSSDが主流ですね

HDDと違って本体は、凄く軽くて振動にも強いので外付けSSDを購入して持ち運びなども出来る優れた製品です。

数年前からメーカーパソコンや自作パソコンなどにHDDよりSSDを取り付けているモデルが今では、主流となってきています。

今やパソコンを高速化したいのならSSD一択しかありませんね。

ただ最近「大容量化」が流行っているとしてもHDDよりまだ高いのがデメリットですね。

SSD取り付けに必要な部品

SSDを取り付けるには、HDDよりSSDの方が本体が小さいのでそのままでは取り付けられないので2.5インチを3.5インチサイズに変換するプラッケトを用意します。

今回は、HDDをそのまま残して新たに増設と言う事でプラッケトは使いませんでした。

パソコンによりますがシリアルATA電源ケーブルが足りなくなる事もあるのでご自分のパソコンのケーブルを一度確認すると良いでしょう。

HDDから電源ケーブルを外して今回購入した二股電源ケーブルを刺してSSDと電源を取りつけました。

電源ケーブルと一緒にSATAケーブルも揃えるようにしてください。

ケーブル抜け落ち防止付きの方が安心できますのでこちらを購入した方がいいです。

SSDの取り付け

今回購入したSSDは、Crucial SSD 500GB MX500です。

某ネットショッピングサイトでは「ベストセラー商品」になっているので購入してみました。

シリアルATA電源ケーブルが足りないので購入した二股ケーブルをHDDから外して二股ケーブルのメス側と繋ぎます。

これでシリアルATA電源ケーブルが一本増えた事になりSSDとHDDに1本ずつ繋ぎます。

SATケーブルを空いているSATポートに接続してこれで接続は、完了です。

SSDの固定本来ならプラッケトを使って固定するところですがパソコンケースがPCケース MINI-ITXなのでSSDの取り付けスペースがないのでしばらくは、置いているだけです。

本来はこのように取り付けましょう。

Ⅰ台目
2台目

SSDのフォーマット

SSDの接続が完了しましたら一番大事な作業です。

SSDのフォーマットをします。

左下のスタートを右クリックして「コンピュータの管理」をクリックして下さい

「ディスクの管理」と進んで下さい。

その中で今回取り付けたSSDを探して「ディスクの初期化」と進むとウインドが出てきますのでMBR/GPTどちらかを選んで下さい。

MBR/様々なOSバージョンと互換性があるが扱えるデータ容量は、2TBまで

GPT/2TB以上のデータを扱うときに適しているが古いOSだと認識できない

MBR/様々なOSバージョンと互換性があるが扱えるデータ容量は、2TBまで
GPT/2TB以上のデータを扱うときに適しているが古いOSだと認識できない

クローンか再インストール

HDD/SSDのデータを新しく取り付けるHDD/SSDにコピーするかOSを新たに入れ直すかの二通りがあります。

何も問題が無ければOSの再インストールをオススメします。

クローン

データーを失うことなくHDD/SSDの中身をまるごとコピーして以前と同じ環境で稼働ができる。

OSの入れ直しやソフトの再インストールの手間を考えるとクローンの方が楽ですが時々失敗します。

私のオススメクローンソフトですEaseUS Todo Backup Home

再インストール

1からOSを入れる方法が一番簡単で楽です。

クローン作成は、意外と時間が掛かりクローン作成に失敗する可能性もあり私は2回くらい失敗した経験があります。

前もってデータなどは、バックアップしておいてください

あわせて読みたい
シニアにでもできる古くて遅いパソコンを簡単に速くする方法 パソコンの立ち上がりが遅くて嫌になってきたな。何をするにも遅くて精神的に悪い眠くなってしまいますよね。 今パソコンを替え換えようと考えているシニアの皆さん。 ...

SSSメリット

SSDは耐衝撃、耐熱性などに優れています。

HDDを取り扱う時は衝撃を与えないように扱いますがSSDは、余り気にしないで扱えます。

だからって雑に扱うのは、NGです。

余談ですが昔持っていたレノボのノートパソコンに本体を動かすと振動センサーが感知して警告メッセージが表示されていましたね。(笑)

発熱もしますけどHDDみたいに熱くなる事は、ないので熱暴走もありません。

読み込みもHDDよりも、遙かに速いからパソコンの立ち上がりなど体感がはっきり分かります。

静音でHDDのような「キーン」という音は、しませんから静かな環境での作業中気になる事は無いでしょう。

SSDデメリット

価格がHDDに比べるとまだまだ高価です。

容量もHDDに比べると少ないでしょうがシステム用として使うのなら500GBもあれば十分です。

HDDには容量が10TB以上の大容量とかあります。(そんなにあっても普通に使っていれば余しますけど)

SSDの寿命は、HDDより短いから長期保存するのであればHDDの方が優れているでしょう。

SSD取り付け感想

SSDの取り付けが完了したら後は、パソコンが起動したら無事終了です。

起動時間はHDDの時よりかなり速くなりましたね。

長年使っていなかたパソコンが生き返りまたしばらくお世話になりますかな(笑)

初めてSSDなど取り付ける時は、心配でしたけど落ち着いて作業を進めれば大丈夫です。

意外と簡単に取り付けられますからどうですか?初心者やシニアの皆さんSSD取り付けに挑戦してみて下さい。

何より買え替えよう思っていたパソコンが生き返るのですからやってみる価値は、ありますよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


気になるところをタップしてください