\ 楽天スーパーセール開催中! /詳細を見る

【PR】Mini Tool Power Data Recoverでなくしたファイルを復元してみた

  • URLをコピーしました!

こんにちは!ヒロ爺(@hirojiji60)です。

質問者

USBメモリーに保存していた家族写真が消えてしまった~っ!!

先日このような相談を受けました。

大事なデータが消えてしまって焦ったことは、誰でも経験したことは、ありませんか?

そのような時は、データ救出ソフトを使うと良いですよ!

その中でもMini Tool社から発売しているデータ復元専門ソフトMiniTool Power DataRecovery(Windows向け)は、どうでしょうか?

そこで今回、Power Data Recover(Ver.11) のダウンロードからファイルの復元まで説明していきます。

スポンサーリンク
気になるところをタップしてください

Mini Tool Power Data Recoverって何?

MiniTool Power Data Recovery Free
MiniTool Power Data Recovery Freeは独自の技術により、偶然のファイル削除、ウイルス侵入、システムクラッシュ、ハードドライブの故障などでファイル、写真、ビデオなどのデータ損失を面した場合でも、ディスクを全面的に深度スキャンして紛失や削除された多種多様なデータの復元を完璧に実現ます。
操作ミスから復元
誤ってファイル削除、あるいはパーティションフォーマットのキーを押し付けましたか? 間違ったハードドライブをフォーマットして、すべてのファイルが見つからなかったのですか?MiniTool Power Data Recovery Freeを持てばこれ以上の心配はいりません。
OS崩れから復元可能
ウイルス攻撃は、システムクラッシュや ハードドライブのアクセス問題を引き起こしたうえ、さらなるデータの紛失可能性が高いです。それらの場合で、MiniTool Power Data Recovery Freeは特定の箇条をセクタごとにスキャンして、失われたデータを復元できます。
物理損傷から復元可能
論理エラーやディスク損傷によって、ハードドライブに応答がなく、またはアクセスが拒否されても、MiniTool Power Data Recovery Freeの強力なアルゴリズムはそれらの場合から失われたデータを取り戻せます。
指定場所から復元可能 新機能!
データ復元の対象は通常のディスク全体だけではなく、デスクトップ、ごみ箱、またはフォルダー別にでも分けられ、復元へのスキャンプロセス所要時間の減少、及び復元の速度や精度のアップにも大幅な改善をもたらす。

引用元:MiniTool Power Data Recovery Free公式サイトより

Power Data Recoverは、「操作ミス」「OS崩れ」「物理損傷」などで大事なデータを簡単に復元できるソフトです。

例えば、勘違いでゴミ箱に入れてしまいなおかつゴミ箱の中も削除してしまって気がついたときは、遅いですよね?

そのような時このPower Data Recoverの出番です!

その他にもHDD/SSD/USBメモリー/メモリカードなど様々なデバイスに対応しています。

ヒロ爺

早い話大事なデータを簡単に復元できるソフトなんだね

ダウンロード

早速ダウンロードをしてみましょう。

MiniTool Power Data Recovery Free こちらからダウンロードしてください。

ダウンロードをクリックしてください。 

ダウンロードサイト

ダウンロードファイルを。にんい場所に指定してダウンロードしてくださってください。このような画面が出ればダウンロード終了です。

ダウンロード完了

インストール

それではインストールしてみましょう。

今すぐインストールをクリックしてください。

ダウンロードしてください

警告が出ます。 

注意書き

ソフトウェアを失われたデータが含まれている。ドライブにインストールしないでください。

ヒロ爺

たとえば、Dドライブに復元したいファイルがあるとしたらそのDドライブに「Power Data Recovery」をインストールするとデータの復元が不可能になりますので注意しましょう。

この画面が出ればインストール完了です。

完了画面

誤って消したデーターを復元をしてみる

Power Data Recovery を開いた画面です。

パソコン内の各ドライブが表示されています。

復元したいドライブをこの中から選んで下さい。

オープニング画面

復元をしたいドライブを選択する

それでは、さっそくデータを復元してみましょう。

USBメモリーの中に保存していた画像をわざと削除してみます。

USB削除

次に Power Data Recovery を立ち上げたらUSBメモリーが表示されています。

「スキャン」をクリックしてください。

復元指定

スキャンの進行時間が表示されます。

復元するファイルの大きさにより時間が変わります。

今回は、512MBのUSBメモリーでしたので2分くらいでした。

わたしのパソコン環境では、500GBをスキャンするのに2~3時間かかりましたね。

進行表示

スキャンが終了しましたら結果が表示されますので復元したいデータがあったら「保存」をクリックしてください。

復元完了

無料版は、復元できるサイズが1GBまでですので注意して下さい。

保存場所指定

復元したファイルを保存する場所を指定して「OK」をクリックしてください。

保存

保存が完了しますと指定したドライブに今回復元したデータファイルがありますので中を確認すると間違いなく削除した画像が無事復元されていました。

復元完了

今回は、USBメモリーから復元作業しましたが他のデバイスからの復元も同じ手順で進めますと復元できます。

作業自体は迷うこと無く簡単に無くしたファイルを復元できます。

無料版と有料版の違い

無料版と有料版

無料版と有料版の1番の大きな違いは、復元できるファイルサイズです。

有料版は、無制限で復元できますが無料版は、1GBしか復元できないのが意外に不便ですね。

実際復元したい時1GBでは、ハッキリ言って使い物になりませんでした。

無料版だと復元するファイルの容量が1GBまでと言う制約は、ありますがそれでも使えなくはないのですがさすがに1GBだと使い勝手が悪いから「有料版」にした方が良いのかな?

その他にも無料版は、ほとんどの機能が使えません。

ヒロ爺

これには、ビックリしましたね。

まとめ

いかがでしたか?

思い出の写真とか大事なファイルをパソコンの不調でなくしたり操作ミスで削除してしまってもこの「Power Data Recovery」を使ってみてください。

簡単な操作で大事なデータが取り出せるソフトウェアです。

無料版でも復元できますが1GBまでしかできませんので状況に応じては、使い勝手が悪いと思ってしまうかも知れません。

だけど大事なファイルや画像など元に戻る可能性があるのなら有料版にする価値は、あるかも知れませんよ。

無制限に復旧できますから使い勝手は、良いですよ!

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!ヒロ爺でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


気になるところをタップしてください