当サイトはSWELLを使用しています詳細はこちらからChiek!

自分でタイヤ交換は危険がある注意するPointはこれ!!

  • URLをコピーしました!

北海道もいよいよ雪の季節が足音を立ててきました。

質問猫

雪国ドライバーの頭の痛い季節です

ヒロ爺

どのタイミングで夏タイヤからスタットレスタイヤに履き替えるかですね

早くにスタッドレスたいやに取り替えたらタイヤの溝が減って嫌だからギリギリまで待ってから取り替えようとしたらスタンドとか専門業者は、激混みが凄くてタイヤ交換で1日が潰れてしまいますよね?

待ちきれなくて自分では交換できる人は、自分で交換しますよね?
そこで今回は、もし自分でタイヤ交換したらどんな危険があるか説明します又危険を回避できる行動も解説します。

スポンサーリンク
気になるところをタップしてください

ジッキアップ時の注意

タイヤ交換で危険なのがジャッキアップです。

特に車載搭載のジャッキーは、間違った使い方すると取り返しのつかない事態になりますから必ず平な場所で作業してください。

不安定な場所での作業は、車体を持ち上げた時ジャッキーが外れて車体を破損するだけなら良いのですが最悪大事故に繋がりかねません。

最初にジャッキアップする前にジャッキアップ中タイヤが動かないように必ずタイヤに車輪止め置いて作業に取りかかってください。

車輪止めの置き方は、後輪のタイヤを交換するとき前輪において前輪を交換するとき後輪に車輪止めを置くように。

次にジャッキーのかける位置は車体下のジャッキアップポイントにジャッキーの上部に矢印位置がハマるように合わせます。

車体を持ち上げるのは、必ず両手でレバーを回して上げてください。

ジャッキアップしたら転倒防止の為ウマを置いて安全に作業を進めてください。

ウマが無いときは、タイヤをボディーの下に入れウマ代わりにします。

  • ジャッキアップは、必ず平らな場所で作業をする
  • ジャッキーポイントの場所を必ず確認してからジャッキアップする
  • タイヤが動かないようにストパーやウマなどを設置する

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


気になるところをタップしてください